マルトク情報!




ハワイでのゴルフツアーの達人
カトウゴルフツアー




世界中のホテルが英語がわからなくても簡単に予約できます。

米国の電子渡航認証システム(ESTA)の有料化(14米国ドル)について
  費用は14ドルです。もしあなたが承認されたならば、ビザ免除プログラムを利用し、米国への渡
 渡が認められ、あなたのクレジットカードに請求されます。支払いは次のクレジットカードまたはデ
 ビットカードのみ使用可能です。ビザ、マスター、アメリカンエクスプレス、ディスカバー(JCB含む)
 JCBカードでの支払いはディスカバーのアイコンをクリックし、JCBカード情報を入力してください。

米国の電子渡航認証システム(ESTA)の導入について

 米国政府は、2009年1月12日以降米国に渡航しようとする場合、事前にインターネットを通じて
渡航者に関する情報を米国当局に申請し、ビザ免除で渡航ができるか否かのチェックを受ける
システム(電子渡航認証システム:
Electronic System for Travel Authorization、以下「ESTA」)を
導入しました。
ESTAは、一度認証されると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる
場合はパスポートの有効期限日まで)有効となり、その期間内はビザ免除の対象となる渡航(短
期商用・観光目的 90日以内の滞在等)であれば、何度でも米国への渡航が可能です。ESTAの
申請は専用のウェブサイト(下記)より渡航72時間前までに行って下さい。可否の回答はウェブサ
イトにて即座になされます。仮に認証が拒否された場合は、東京の米国大使館又は札幌領事館
(又は最寄の領事館)でビザ申請を行う必要があります。札幌で手続きをされる場合は月に2回
程設定をされている面接をうけるか、東京まで赴き面接を受ける必要があります。(面接前にウェ
ブサイトからの情報入力や、クレジットカードでの費用払込等、約2~3週間を要する非常に煩雑な
手続きが必要となります。) 尚、拒否された場合はビザを取得していない限り、航空機等への
搭乗や入国を拒否されます。拒否を理由にした飛行機やツアーの取消には所定の手数料がかか
ります。(手数料対象日以降の取消の場合)

渡航認証の回答には下記の3パターンがあります。
1)   承認 : 渡航が可能です
2)   留保 : 72時間以内に最終の判断がされますのでウェブ上で確認してください
3)   拒否 : 大使館又は領事館にてビザの申請が必要です

※出発72時間以内に申請し、拒否をされた場合は渡航できません。

☆ウェブサイト(申請)  https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

ご不明な点等はお問合せ下さい。

お問い合わせは e-mail
yoyaku@sankeikaigai.com
又は電話
011-271-5388まで
トップページ
国内旅行
海外旅行
会社案内
お問合せ
各位中国的旅客
国際線航空券、宿泊、各種パッケージツアーを扱っております。

中国行き航空券キャンペーン商品など扱ってます。
中国人スタッフがおりますので中国語でのお問い合わせ、大丈夫です。